2012年12月06日

ダンサー、舞台裏の素顔

さて、連続投稿の今回は・・・
To Belong-dialogue-参加ダンサーの舞台前の様子をご紹介。
ジャカルタ公演を共にしたダンサー、夏から参加のダンサー、共にそれぞれの経験からアイデアをおしみなく提供し、文字通り全身でクリ―エーションに打ち込んでくれた大切なチームです。

一つ間違えれば大怪我につながるようなシーンもしばしばありましたが、稽古に稽古を重ね、冷静なコントロールを保持しながら最大限のパフォーマンスをしてくれたダンサーたちには頭があがりません。

そんな彼らがふと舞台前に見せる、リラックスした顔をご紹介。
最後のチェックをしながら、本番前の緊張の合間にふっと見せる笑顔は最高に輝いています。

_MG_1796.JPG_MG_1811.JPG

リアントはいつも緊迫した雰囲気を崩しにかかります。細身なのに軽々と他ダンサーを持ち上げて、ハッピーモード全開にふりまいてくれます。

_MG_1866.JPG

いつも笑顔の今津雅晴。どんっと強くよりかかっても「痛えっ」といいながらにこにこ笑顔で受け止めてくれてくれるつわもの。頼りにしてました・・・。

_MG_1856.JPG_MG_1869.JPG_MG_1868.JPG

集中力がぴか一のミロト。セリフと動きの確認を怠りません。しかし・・・三東、西山の動きに魅かれて寄ってっちゃってます・・・(笑)。

_MG_1882.JPG_MG_1874.JPG

三東&西山コンビの緊張感は相当なものなはず。
なにしろ舞台上の交通整理的な役割を課されながら踊っているのです。 
そんなプレッシャーはなんでもないっ、という満面の笑顔、たまりません!


_MG_1837.JPG

ストレッチする振りして、みんなの様子を見ながら感傷にふけってる私。

557125_447485335290840_717099854_n.jpg

終演後 写真家 森 英嗣 さんがとらえたベストショット。完璧ショットです!
皆、本当にありがとう・・・。






posted by akiko kitamura at 00:20| 稽古場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

御礼、再スタート!9月の公演をふりかえって・・・

ブログ突然再開!
To Belong-dialogue- 東京公演、神戸公演が終わってからあれよあれよと時間がたって、ブログがずいぶん長い間おやすみにはいってしまいました。

この場をお借りして、改めてTo Belongプロジェクトチーム一同から、御来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます!

2012年3月のワーク・イン・プログレスから見守っていただいている皆様、そして、4月ジャカルタ公演報告レポートや9月東京公演・神戸公演をみてくださった方々、To Belongはまだまだ発展をしていきます。どうぞ今後もその変化を見守っていただければ光栄です。

暑い夏を丸々つかったリハーサルでは、毎日のように顔を合わせていたダンサーもそれぞれの活動に戻り、なんだかさびしい気分になったりしています。しかしそんな余韻にひたる間もなく、事後作業は待ってはくれません。片っ端から手をつけながら、ココロは次の計画に向かっていると、、、気がつくと師走になっていました。

その間、反省会を兼ねた打ち上げ会なども行い、
先日ようやくTo Belongのスタディー・グル―プも再スタートを切りました。
再開初回から異なる分野の方々にお集まりいただき、とても刺激的なお話しを伺いました。
そして、今後の課題などについて、たくさんのお言葉をいただくことができました。

東京・神戸公演が9月だったなんてとても信じられない時間経過の速度ですが、ちょっとだけ舞台をふりかえり、次なる下ごしらえにはいります!

_MG_0362.JPG    
今津ならでは、のコミカルなテイストとリアントの魅力たっぷりの掛け合い。私にとってはこんなシーンはとても新鮮。ダンサーの個性からではないと生まれでない時間でした。

_MG_0700.JPG
それぞれの身体の対話はシーン。時にはすかし、時にはぶつかり合い確かめるような行為。
ダンサーたちは、スリルと緊張感と高揚感で、日々新鮮なリズムを生み出してくれました。

to belong_2012_182.jpgdialogue写真.png
 
クールかつしなやかで波打つ躍動を魅せる西山の超絶技巧にたいして、すっとサポートにはいるリアント。他者を魅せる瞬間を心得ている。人間の身体の可能性をとことんまで探ろうという野心が存在を輝かせていくのでしょう。それは、”アクロバティックの追求”ということとはまた別の次元の作業でした。

DSC_5815.jpg
ミロトの存在感は圧巻。手の先、足の先からドクドクと生命力があふれるような動きにホレています。

to belong_2012_026.jpgto belong_2012_227.jpg

三東のシャープさと切ない動きの共存は、長年の付き合いで構築してきたたまもの。そしてリアントの艶やかでしなやかな、見る人を幸せにするレンゲルダンス。舞台をどんと任せていける。

to belong_2012_274.jpg           
ワーク・イン・プログレスでは、ある意味「対決」というスタンスで臨んだ私とミロトとの対話は、ジャカルタ、ジョグジャカルタの大自然に囲まれる地で、ココロもカラダもガチンコ勝負をした後で・・・

to belong_2012_197.jpg
自分たちがそのままでありながら共存する対話方法を見いだしました。近づいたり遠のいたり、互いの流儀を教え合う穏やかな対話へ。もちろん熱くめらめらと燃える火が私たちの身体を突き動かしていることには相違ないのですが・・・。
(舞台裏の公開につづきます!お楽しみに・・・)
posted by akiko kitamura at 22:22| 作品創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。