2013年02月04日

アートイベント float, on

アートイベントfloat, on いよいよ仕込みで松本市キッセイホールにはいりました。
関口 裕二(balance,inc. DESIGN)の空間デザインをもとに、さくさくと仕込みが進められていきます。
2013-02-04 13.42.51.jpg2013-02-04 13.43.22.jpg

音楽の横山、映像の山田も劇場入りしてセッティング第1ラウンド終了、再びクリエーション仕上げ中。
IMG_3542.JPGIMG_3541.JPG

さて今回、創作過程でリサーチを進めていく中、世界で最も古い虹の精霊といわれ、知識の神でもある「虹蛇」という神話・伝説上の架空動物のお話に魅了されていきました。オーストラリアの先住民アボリジニのドリーミングをはじめ、インドネシア、マレー他、様々な地域で多様な伝説が存在し、森永・横山チームが「虹蛇」をモチーフに音楽のドラマを展開し、その構成を再構成していきながら映像・ダンスを考えていこうという試み。

映像作家山田咲のディレクションのもと、学生たちが生み出す「虹蛇」にまつわる物語も新鮮です。山田のいくつかの指示を経て、学生が日常と幻想的な世界との行き来を考えながら、独自のお話を語るのですが、イマジネーションがとても豊か。誠実にテーマにむきあって自分のイメージを一生懸命ふくらます真剣さは、とても楽しそう。

そんなさなか、ダンスチームは黙々と動きをつくっています。その一瞬をとらえたのですが・・・なんだかポルターガイストみたいで怖い写真になってしまいました・・・。
IMG_3479.JPG
IMG_7281.JPG
IMG_7231.JPG


さらに、今回は、To Belongプロジェクトのスタディー・グループに何度もレクチャーに来てくださっている映像人類学の村尾静二先生の映像作品『老いの時空ーFram of life/aging in Bali』(2008) 
 http://www.prj-ageing.jp/summary/no07/ を山田咲が再編集する、という共同作業があります。バリでのフィールドワークから創作されたこの作品は、ワヤン・クリの影絵師の日常生活を撮影したドキュメンタリー映像。スタディー・グループでも上映していただきました。神聖な儀礼に関わる影絵師が、朝は田んぼで作業をする農夫であり、影絵人形やヒンドゥーの教えを子供たちに伝える祖父であり、食事をし、川で水浴をし、ギャンブルをしたり、テレビをみてくつろいだり、昼寝をする、と日常の様々な顔を見せてくれます。「一人の老人の日常を通して、バリ社会の豊かさをとらえた」というこの作品が、Float ,onのクリエーションにどんなエッセンスを与えてくれるか、楽しみにしていてください。
posted by akiko kitamura at 13:56| 稽古場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。