2013年04月03日

哲学/倫理学 荒谷大輔氏03  物語ることの身体性

「北村明子『To Belong』分析の試み」


(1)物語の身体性 02

 北村明子の『To Belong』は、こうした流れの中で、基本的なコンテンポラリーダンスの文法を踏まえながらも、果敢にタブーを乗り越える道筋を示している。作品中に全体の流れを統制するような「物語」を導入することは、本来、個々の振付に「意味」を与えて了解へと至らせる道具として用いられることで、コンテンポラリーダンスでは回避されるべきものと位置づけられる。例えば、マーサ・グレアムの『夜の旅』は、オイディプス王の物語を軸として、ひとつひとつの身体表現の象徴性をひとりの女性の悲劇へと統合することに成功したが、そのような手法は、情感に満ちた「了解」へと観客を誘う限りにおいて、なお回避の対象となる。北村作品は、しかし、物語ること自体を芸術の形式とするワヤン・クリとの共同において、そこから物語の暴力性を排除することに成功している。
 物語が暴力として機能するのは、「意味」の了解において外部が排除されることによるが、それは、物語られた内容に「すべて」が統合されるからにほかならない。「すべて」のものが、核となるひとつの「意味」を展開することで了解できるとするならば、重要なのはその「意味」をつかむことだけで、それぞれの要素がもつ固有性に対する関心は損なわれる。言葉によって物語られたもので「意味」が理解されるならば、個々の身体表現によってそれ以上冗長に何かを示す必要はないのである。
 北村作品は、しかし、物語られた内容ではなく、物語るという行為自体に焦点をあてることで、物語の禁忌を乗り越える。語り手の言葉が「意味」を結実する手前、「語ること」自体を身体表現としてダンスに組み入れているのである。画面いっぱいに映し出されたグンドノの「語り」は、母親の喪失という悲劇を謡う。記憶を振り返るかたちで掘り起こされる悲壮な叫びは、観客の意識の底にある深い象徴を揺り動かす力を持っている。だが、その揺さぶりは、「意味」へと到達する手前で宙に放られる。そこで問題とされるのは、「母の喪失」をもたらした構造でもなければ、それをともに悲しむことでもない。それは森の風のように流れ去り、はじめから何にもなかったかのように、過ぎ去っていくだけである。そこにはしかし、語ることによって喚起されたかすかな響きが、無言の幽霊のようにたたずむのである。
 その響きは、作品全体を通じて基底音のように鳴り続けるだろう。時にかき消され、時に無音で立ち上がりながら、それは作品全体に立籠める空気となる。だが、そうした響きの通用性は、作品全体の「意味」を統制的に規定し、個々の振付の固有性を損なわせるようなものではなく、反対にダンサーの個々の身体にまとわりついて、そこから身体の強度を引き出す機能を果たす。物語るという行為自体による「ダンス」は、こうして、ポストモダンの物語アレルギーを越えて、作品の中で重要な役割を担うことになるのである。
 このエントリーでは、『To Belong』における「物語」の機能について考察を行った。続きが(一応)予定されている(2)(3)では、また異なる観点から分析を行うことにしたい。

(文:荒谷大輔ARAYA DAISUKE 江戸川大学社会学部人間心理学科准教授)
posted by office A/LB at 13:01| まきこの部屋 To Belong -pieces of dialogue- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。