2013年01月16日

ジョクジャカルタより、新年のレポート


東京では初雪が降りました。7年ぶりの大雪です!

大雪銀世界を堪能していたら、去年9月よりジョグジャカルタに留学している今村君から、インドネシアの新年のレポートが舞い込んできました。

あたたかいインドネシア、ジョグジャカルタの人々はどのように新しい年を迎えたのでしょうか、、、?
_________________________

新年・・・、今年のジョクジャカルタの新年は、とても落ち着いた雰囲気だった。
年末から年始にかけて、昼から翌日の朝まで雨が降り続けるという天候が続き、年明けは家で黙っていた、という友人が多かった。自分もそのひとりである。

「中国暦の新年が良い天候になるようにするために、中国人が悪天候を先送りする妖術をつかったんだ」などという冗談も聞かれた。

例年であれば、年越し直前は、大通りは車とバイクで埋まり、ジョクジャカルタの中心街から5km 圏内は渋滞で身動きが取れなくなり、市民らは個人的に購入した爆竹と打ち上げ花火で新年を盛大に祝い、簡易ラッパでバカ騒ぎをすると いうけたたましい光景が広がる。

今年は、大通りの交通はスムーズであったし、花火も爆竹も深夜2時にはおさまってしまった。

イスラーム的な新年を祝う宗教行事があるのではないかと思ったが、どうやら、ムスリムにとっては 「西暦が変わった」という認識のようだ。西暦の新年に日本人のような宗教的な意味合いを覚えるのは、カトリックやクリスチャンだけらしい。キリスト教の教会では、お正月のミサは普段と様子が違うそうだ。

なるほど、インドネシアの暦では、インドネシアの公式宗教の各新年が祝日になっている。

そういえば、先日いったショッピング・モールでは、チャイナドレスを意識したような服が売られていた。中国暦正月にあたる2月10日に向けて、関連商品に入れ替えをしていたようだ。

イスラーム暦の新年にあたるのは、今年は11月5日だ。しかし、イスラーム暦の新年といっても日本の正月のようなお祝いをするわけではない。むしろ、インドネシアが日本の正月のような雰囲気に包まれるのは断食月が明けたときである。今年は8月8〜9日が断食月明けのようだ。

インドネシアにいるうちは、一年がリセットされた、という気分を味わうには、西暦の正月では難しそうだ。

DSC00223.JPG
ジョクジャカルタ南部イモギリの村 壁画

DSC00189.JPG
posted by ほっしー at 01:04| インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。