2013年04月25日

プンチャック・シラットから薫るインドネシアの土着的思想A後編 ――まな板のうえのプンチャック・シラット


プンチャック・シラットをまな板のうえで放置しておいても、面白い語りは聞けない。切り口をまちがえると、食べられなくなる。食べたことのあるひとがほとんどいないため、おいしいのかどうかも釈然としない。ただ、おいしそうな薫りがするだけだ。

プンチャック・シラットに魅了され、その薫りをもとめて歩きつづけたひとがいる。
一流のシラット競技選手で名を馳せ、プンチャック・シラットの生き字引として関係者から愛され、頼りにされていた故O’ong Maryono(オオン・マルヨノ)氏だ。

一度しかO’ong氏には会ったことがなかったが、先月の葬儀に参加してきた。葬儀では、体格と恰幅のよい壮年の男たちが、目を赤くしたり、戸惑った表情をうかべていたりしたのが印象にのこっている。葬儀の最中に、合気道的プンチャック・シラットCikalong流の達人に技をかけられて、膝をついていたのは内緒だ。

O’ong氏は、7年間にわたる文献研究と聞き書きの成果を、”Pencak Silat Merentang Waktu (1999)”としてまとめた。大学に入学したことのない在野の研究人であったが、インドネシア全土にあるプンチャック・シラットの逸話を、すべて聞いて回ったのではないかとおもうほどの尋常ではない量の情報を、400ページに詰めこんでいる。

関係者によれば、O’ong氏には、インドネシアにおけるプンチャック・シラットの現状を憂い、「プンチャック・シラットについての本を書く」ことに相当の使命感を感じていたらしい。プンチャック・シラットの多様性を見せることには成功しているが、同時にプンチャック・シラットについて、散逸的な印象を与えることになってしまっている。

O’ong氏の最大の失敗は、プンチャック・シラットの定義論争を避けたことである。
足であつめた情報、耳にした伝聞から引き出された、彼なりの意見・結論、というものは、この著作からは見えてこない。

O’ong氏の史料研究と文献調査、聞き取り調査の様子を読む限り、彼は、プンチャック・シラットに関連のありそうな身体文化を、徹底的に探しもとめたように見える。史料を分析し、結論づけるには拙速な分析だが、彼は「人類の創成と格闘術は切り離せない」「仏教遺跡(ボロブドゥール)の戦闘をあらわしているようなレリーフは、当時から、格闘術が存在していたことを示唆しているのではないか」という仮説を立てる。また、プンチャッ(penca)という記述のある13〜16世紀に成立したと思しき一節のスンダ語の詩から、「東南アジア島嶼部におけるプンチャック・シラットは当時からすでに現在と同様の機能を果たしていた」という主張を展開する。オランダ植民地期(17世紀~20世紀前半)の状況を調べるために、オランダのレイデン大学まで出かけるほどである。

プンチャック・シラットの芸術面についても、西ジャワとスマトラのみに制限してはいても、現地の伝統芸能とプンチャック・シラットの関わりについて、相当、丹念に調べている。

しかし、これだけ調べつくしておきながら、プンチャック・シラットの定義・用語法については、「プンチャック・シラットという用語が政府に公認される1973年以前についても、特定の専門用語を用いていた流派を指し示す場合以外、とくに必要がなければ、国家の掲げる方針に従う・・・(中略)・・・プンチャック・シラットのもつ意味の潤沢さを否定するつもりはない。本来なら、こうしたすべての解釈は(一部分の)真実を含んでおり、どの視点からプンチャック・シラットを観察するか、どの面を強調するか、に依存するものである。」[O’ong 1999: 8-9]【今村訳、原文はインドネシア語】という控えめな態度を見せる。

プンチャック・シラットとはなんなのか、を考え、40歳代の約10年間を費やして、探しもとめた結果の答えは、中立をとおりこして、迎合している。なにが起きたのかはわからないが、悲劇的ですらある。この本に続くO’ong氏の著作がないのは、なにかを暗示しているようにすら見える。

とにもかくにも、彼は集めた事例・データを総合するような結論を引き出さなかった。
プンチャック・シラットに関する、社会・文化的研究に支えられた、実用的で、現実に即した、客観的な定義を確立するには、まだまだ時間が必要なのだろう。


・・・というわけで、私は卑怯にもバイパスする。


O’ong Maryono
1999 Pencak Silat Merentang Waktu. Yogyakarta: Galang Press.(英語版もある。しかし、販売元に問い合わせないと、入手はむずかしいだろう)
posted by office A/LB at 11:07| プンチャック・シラット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

プンチャック・シラットから薫るインドネシアの土着的思想A前編 ――プンチャック・シラットってなにさ?

法人類学(または法の人類学的研究)のはなしをしようと思ったが、そのまえに、プンチャック・シラットという身体文化を、社会・文化研究のまな板にあげておく必要がある。

ところが、プンチャック・シラットとしての身体文化についての、社会・文化的研究に支えられた、実用的で、現実に即した、客観的な定義、に出会うことはすくない。プンチャック・シラットの代表組織が提示する定義は、どう見ても組織内政治の影響を脱していない。

なぜこのようなことが起きているのか。

社会学的・人類学的な現実に即した定義をあぶりだそう、という学術的な努力が、近年までほとんどされてこなかったからだ。プンチャック・シラットを学ぶひとびとから提出される資料の多くは、自文化中心主義にもとづくプンチャック・シラット愛であふれかえっており、調査研究には直接役立ちそうにはない。

研究者は研究者で、「ただの格闘技でしょ?」と決めつけ、寄ってこない。たしかに、目に見える社会問題に直結するわけではない。運動系の学部の卒論は、体育学的な議論に傾くので、頼りにならない。

しかし、ひとたび奥のほうまで見てみようとすると、武将精神や庶民的哲学の奥義に言及するものがあり、インドネシア人の思考の足跡を見つけることができる。村落の治安維持組織の構成員養成を司ると同時に、暴力行為や刑事事件の温床にもなっただろう。口承伝統の濃いインドネシアでは、プンチャック・シラットにまつわる逸話が、民衆史を再構成するための材料になるのではなかろうか。

自分のプンチャック・シラットつながりの知り合いの多くは、彼らの知る限りのプンチャック・シラットを愛してしまっていて、彼らが知らないプンチャック・シラットについての情報を受け入れるだけの余裕がない。いっぽう、民間研究者として、文化相対主義的な観点からプンチャック・シラットについての調査を開始しているひとびともいる。学術的に有用な分析・議論は、はじまったばかりである。


・・・要するに、「プンチャック・シラットとはなにか」という問いをたてたところで、社会・文化的な研究における学術的な信憑性の高い答えは返ってこないのである。ひらたくいえば、現在語られている「プンチャック・シラットの定義」とは、各個人の経験・知識にもとづく解釈の産物か、または学術上の暫定的な到達点なのである。

この食材、まな板にあげるまでが一苦労だ。
posted by office A/LB at 13:46| プンチャック・シラット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

プンチャック・シラットから薫るインドネシアの土着的思想@ ――格闘技術を事例に文化研究なんてできるのか。



情報収集のお手伝いをしている大学院生の今村です。
インドネシアのジョクジャカルタに留学して半年がたちました。

北村は現代舞踊、今村は研究論文という形で「プンチャック・シラットを活用した作品づくり」をしています。なので、もしかしたら、自分の研究内容が本プロジェクトのなにかの参考になるかも、と思い、インドネシア・レポートを兼ねて、リサーチの現状を記事にしてみました。

皆様のなにかのお役に立てればと思います。
_____________________________________________________________
「プンチャック・シラットという護身術の実社会における役割を研究しています」

こう自己紹介すると、だいたい首をかしげられる。やめてくれ。
正直、この文句を述べるたびに、自分自身も首をかしげたくなるのだから。

「プンチャック・シラットは1000年近く歴史がある文化だ」とか言っておきながら、プンチャック・シラットについての「歴史的な根拠のある」「読み物として楽しい・役立つ」文化論がなかなか見つからない。あまりの腹立たしさに「ええい、いっそ自分で書いてやる!」と意気込んでリサーチを開始する。

しかし、リサーチは遅々として進まない。プロポーサルは迷走し続ける。指導教官からの「社会学・人類学系の学会で達人技を見せられても、素人にはわからん」「インドネシア人の日常生活のなかで、プンチャック・シラットの使い手が果たす役割を探せ」のアドバイスを頼りに、五里霧中の4年間を過ごす。

2012年9月、現状を一気にくつがえすような方程式を探しもとめて、プンチャック・シラットの本場、インドネシアに飛ぶ。


現実は厳しい。

インドネシア・プンチャック・シラット連盟ルールの試合を見ると、ただの殴り合い・蹴り合い・投げ飛ばしあいのスポーツにしか見えない。ほんとにプンチャック・シラットの文化論的研究なんかできるのか不安になってくる。

実際に練習に参加してみると、プンチャック・シラットは、空手や柔道のような、格闘についての技術のひとつであるらしいことがわかる。しかし、文化として重要性は一体どこにあるのか、指導者や門下生に聞いてみても、納得のいく答えが返ってこない。

外国格闘技からの影響や、近隣諸国の状況を鑑みると、プンチャック・シラットをインドネシア固有のもの、とするのは微妙なところだ。「創られた伝統」の要素もある。あたまの中で、固有という概念のゲシュタルト崩壊が起きそうだ。


方程式のヒントは、古老たちの語りにあった。

ツテを頼りに、西ジャワのプンチャック・シラットの古老や達人に会ってみると、彼らは、彼らが参加する流派のもつ歴史性、思想・信条、社会における役割を流暢に語る。彼らの語りは、その土地の根付いた思想・哲学を伝えているように見えた。土くささが薫る彼らの思想・哲学は、その土地その土地の厳しい環境を生き抜くための処世術のようであったり、人生の意味を考えさせるようなものであったり、高貴さや忠誠心、宗教的敬虔といった抽象的な道徳を説くものであったりした。

さらに、オランダ植民地期には、プンチャック・シラットの使い手が市民警察のような役割を果たしていたし、第二次世界大戦後のオランダからの独立戦争では、兵器の物量で劣る独立勢力側を、プンチャック・シラットの使い手たちがその技でもって強烈に支持した、という語りにも出会う。現代のジャカルタでは、国家警察よりもプンチャック・シラットの使い手の集団が公安に関して優越する地域まであるという。

古老や達人の語りは、プンチャック・シラットが単なるケンカの技術ではないことのひとつの証明に見える。彼らの語りは、プンチャック・シラットを社会・文化的な側面から考察することの妥当性を担保してくれるように思えた。

__________________________



次回、

プンチャック・シラットから薫るインドネシアの土着的思想A
――プンチャック・シラット×法人類学=慣習法世界の警護組織?

につづく(はず)。
posted by office A/LB at 09:24| プンチャック・シラット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。