2013年04月09日

森永泰弘氏 インドネシア滞在日記 (3/3)


インドネシアのカセットテープカルチャー

 そしてインドネシアでは恒例の中古レコード屋巡り。60-70年代のガンバン・クロモンというクロンチョンに中国楽器が入ったレコードやスマトラ島の民謡、そして60-70年代のスンダのジェイポンのカセットテープを買い漁る。インドネシアの60-70年代初期の音楽は色々な音楽要素が混ざっており辺境グルーブで流行しているロックやガレージとは違う独特な音楽様式がある。

 これを支えているのがカセットテープ文化である。中古レコード屋のお兄ちゃんによれば、60-70年代初頭のインドネシアのカセットテープは低音域が現代の音質に比べて良質で、レコード以上にダイナミック・レンジのノリが良いと言っていた。またこの頃のカセットテープはA面とB面で異なるバンドが演奏している。というのもカセットのA面はメインのバンド、B面では新人バンドで構成されており、片面テープ30分でメインバンドの音楽は十分に収録することができたからである。

 また、インドネシアにおける60-70年代のカセットテープにはジャンル名がタイトルとなるケースが多い。例を挙げれば、スンダ地方のポピュラーミュージックはSunda POPやムラーユ音楽であれば、POP Mulayu。ジャンル名がタイトルとなることで、購入する側はすぐにその音楽がどのジャンルかがわかるようにする心理作戦である。つまり購入者はわざわざそのテープを聴かずともどんな音楽なのかがわかるので時間がかからない。当時は視聴するというのは稀で、比較的安価なカセットテープは国民にとってコンビニエンスストアでタバコを買うのと同じ消費のされ方だったのだろう。

 一方、LPは当初から高額でその装置もなかなか手に入らない品物であったようである。1971年以降、インドネシアでのテープの生産数は莫大に伸び、この頃誕生した音楽(例: スンダのジェイポン)はレコードよりもカセットの生産数の方が断然多いようである。

 このインドネシアのカセットテープカルチャーで重要なのが、テープの留め具である。こちらのレコード屋のお兄ちゃん達はテープの巻き戻しに手動のおもちゃのような機械でテープの巻き戻し/早送りを行う。テープデッキの巻き戻し機能を使ってしまうと磁気テープが切れてしまうからだ。60-70年代のカセットテープは一タイトルの生産数がひじょうに多かったようでプラスチックの部分が比較的壊れやすい。特に留め具の部分は、デッキの停止ボタンを突然押すと強いプレッシャーで切れてしまう。レコード屋のお兄ちゃん達は60-70年代初頭のテープを店頭に置くとき、この留め具の部分のみ現代のカセットの留め具と取り替えて販売しているのだ。
この証言がどこまで正しいかは謎であるが、インドネシアのカセットテープカルチャーをもう少し掘り下げて考えるときっと面白い発見があるのでは、と思った話だった。

lokananta record collection.jpg


posted by office A/LB at 10:56| 作品創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

森永泰弘氏 インドネシア滞在日記02 (2/3)

エンダ・ララス 
父親との思い出の場所でクロンチョンを収録

 ソロ滞在中に映画監督ガリン・ヌグロホに誘われ「オペラ・ジャワ」演劇版のリハーサルをソロのISIアーツセンター(ソロの芸術大学)で見学させてもらった。この演劇は映画よりもわかりやすい。ジャワ州の異なる地方の伝統舞踊や音楽が凝縮されており、映像では読み取れなかったジャワの伝統舞踊や音楽形式の違いが明確に理解することができる。彼はアーティストとしてもちろん尊敬できるがフィールド・ワーカーとしての彼のエネルギーはとんでもないほどの野心で満ちあふれている。まだまだ自分が未熟なんだと痛感した。

 今回の滞在で素晴らしいクロンチョンの歌い手と出会った。エンダ・ララス。彼女とも屋外レコーディングのセッションを行った。フィールド・レコーディングをする上で彼女にお願いしたことは、彼女の人生の中で最も思い出の詰まった場所で録音したいということであった。グンドノの時も同じである。屋外でやることの意味、音楽を演奏することの意味、そこにいるという存在意義を録音を通じてその時間と空間を採取する。そこには、録音家の思考や思想がきちんと明確に示されなければ何も意味がない。これだけ録音機が身近になった現在、やはりそのコンテクストとコンセプトを録音家側から提示しなければ良い作品、良い録音はできないと思っている。したがって、エンダとのレコーディング場所は亡くなった彼女の父親のオープン・スタジオで録音することになった。レコーディングは非常に良いものになったと思う。これも今年は出版物としてプロディースできるかと思っているので楽しみだ。生の彼女の歌声は次回のTo Belongで皆さんに聴かせることができると思う。日本のお客さんに彼女の歌声を届けることができると思うと興奮してしまう。

endah3.jpg
endah1.jpg

 さて、ソロに滞在中、インドネシア国立放送局が設立した国営音楽レーベルのロカナンタ社を訪れた。ロカナンタ社はレコードをプレスする機械を売却してしまい製作はもう行っていないが、これまでのカタログをデジタル化するアーカイビングは行っている。既にカタログの95%のデジタイゼーションは終わっているとのこと。実際のアーカイビングの作業も見せてもらった。マスターテープから96kHz/24bitでデジタル化し、それをHDとCDRに保存しているというもの。インドネシアでは稀なRogersのスピーカーを使用していたり機材にもややこだわっているようだった。
posted by office A/LB at 02:48| 作品創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

御礼、再スタート!9月の公演をふりかえって・・・

ブログ突然再開!
To Belong-dialogue- 東京公演、神戸公演が終わってからあれよあれよと時間がたって、ブログがずいぶん長い間おやすみにはいってしまいました。

この場をお借りして、改めてTo Belongプロジェクトチーム一同から、御来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます!

2012年3月のワーク・イン・プログレスから見守っていただいている皆様、そして、4月ジャカルタ公演報告レポートや9月東京公演・神戸公演をみてくださった方々、To Belongはまだまだ発展をしていきます。どうぞ今後もその変化を見守っていただければ光栄です。

暑い夏を丸々つかったリハーサルでは、毎日のように顔を合わせていたダンサーもそれぞれの活動に戻り、なんだかさびしい気分になったりしています。しかしそんな余韻にひたる間もなく、事後作業は待ってはくれません。片っ端から手をつけながら、ココロは次の計画に向かっていると、、、気がつくと師走になっていました。

その間、反省会を兼ねた打ち上げ会なども行い、
先日ようやくTo Belongのスタディー・グル―プも再スタートを切りました。
再開初回から異なる分野の方々にお集まりいただき、とても刺激的なお話しを伺いました。
そして、今後の課題などについて、たくさんのお言葉をいただくことができました。

東京・神戸公演が9月だったなんてとても信じられない時間経過の速度ですが、ちょっとだけ舞台をふりかえり、次なる下ごしらえにはいります!

_MG_0362.JPG    
今津ならでは、のコミカルなテイストとリアントの魅力たっぷりの掛け合い。私にとってはこんなシーンはとても新鮮。ダンサーの個性からではないと生まれでない時間でした。

_MG_0700.JPG
それぞれの身体の対話はシーン。時にはすかし、時にはぶつかり合い確かめるような行為。
ダンサーたちは、スリルと緊張感と高揚感で、日々新鮮なリズムを生み出してくれました。

to belong_2012_182.jpgdialogue写真.png
 
クールかつしなやかで波打つ躍動を魅せる西山の超絶技巧にたいして、すっとサポートにはいるリアント。他者を魅せる瞬間を心得ている。人間の身体の可能性をとことんまで探ろうという野心が存在を輝かせていくのでしょう。それは、”アクロバティックの追求”ということとはまた別の次元の作業でした。

DSC_5815.jpg
ミロトの存在感は圧巻。手の先、足の先からドクドクと生命力があふれるような動きにホレています。

to belong_2012_026.jpgto belong_2012_227.jpg

三東のシャープさと切ない動きの共存は、長年の付き合いで構築してきたたまもの。そしてリアントの艶やかでしなやかな、見る人を幸せにするレンゲルダンス。舞台をどんと任せていける。

to belong_2012_274.jpg           
ワーク・イン・プログレスでは、ある意味「対決」というスタンスで臨んだ私とミロトとの対話は、ジャカルタ、ジョグジャカルタの大自然に囲まれる地で、ココロもカラダもガチンコ勝負をした後で・・・

to belong_2012_197.jpg
自分たちがそのままでありながら共存する対話方法を見いだしました。近づいたり遠のいたり、互いの流儀を教え合う穏やかな対話へ。もちろん熱くめらめらと燃える火が私たちの身体を突き動かしていることには相違ないのですが・・・。
(舞台裏の公開につづきます!お楽しみに・・・)
posted by akiko kitamura at 22:22| 作品創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。