2013年04月28日

痛みが教えてくれること

4月になったというのに・・・
松本ではまだまだ冬の装いを手放せない寒さで、桜が散ってからの雪。
昨日の夜の気温は3度!

すっかり時間が経ってしまいましたが、3月「暁」の公演にご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
自分の作品ではできないことをやらせていただきながら、私自身、とっても楽しんで参加させていただいた公演でした。
なんといってもなかなかご一緒することのないコンドルズのメンバーさんとスタッフさんたちとの時間は笑いが絶えず、それはそれは新鮮な稽古場でした。

緊張脱力自由自在、個性的なバネバネでクネクネな身体をもつ鈴木拓郎さん、
若きエース、平原慎太郎さんのワイルドで繊細な表現に満ちたしなやかで強靭な身体、
軽々と人をもちあげるテクニックをもつ仙人のような強烈キャラクター鎌倉道彦さん、
色気たっぷりなカモシカのような身体、藤田善弘さんは振付監督や道具使い指導も同時に
こなす才人。そして、稽古中ほとんど私の相手をしてくださった、飛びぬけた存在感と静謐な分析で、たくさんのダメ出しをしてくれた石渕聡さん。
超高速回転頭脳でじゃんじゃん決断をしていくプロデューサー勝山康晴さんは稽古場でも出演者を褒める褒める!
愛情たっぷり、プレッシャーたっぷりの稽古場でした。

IMG_3716.JPG
打ち上げあと。プロデューサー勝山さんと石渕さんと

こんな濃いメンツに囲まれて、すばらしい時間をすごさせていただきました。
そしてまた頼もしい若きダンサーの女性陣に出会えたことも大きな収穫。
田上和佳奈さんと加藤紗希さん!
セリフもタップもコンテンポラリーもこなす力量と幅は新世代だなあ、と感心するばかり。
彼女たちのタップと一緒に男性陣とのダンスを構成していく作業は、最高にたのしかったシーンのひとつ。

IMG_3714.jpg
楽屋で女性ダンサー集合。加藤紗希さんと田上和佳奈さん


さて、こんな楽しい稽古場でしたが、裏物語があります・・・
劇場入りした本番3日前、まさかの右肩完全脱臼!という最悪の事態が起こってしまい、
皆さまには大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
実は私の身体はもともと関節が柔らかく、肩関節がぐるりと一周してしまい、しばしば亜脱臼を起こす癖を持っています。しかし、本格的にズッコーンと外れてしまったのは、おそらく初めて。

IMG_3826.JPG
いたいたしいテーピング姿の肩

はずれた直後は、歩く振動も耐えがたく、どうやって本番に向かえばよいか、頭が真っ白になってしまいました。しかしともかく本番3日前。何ができて何ができないのか、冷静に考えなければなりませんでした。
そんな中、患部に電流を流す治療で痛みをとり、更に一つ一つ筋肉のコリをとる施術により、1日1日と痛みが和らぎ、なんと3日で運動の可動範囲が戻ってきました。
治療法を指南してくださったATR半蔵門の藤原先生、飯島接骨院の先生方、動きを分析しながら身体をほぐしてくださるトレーナーの五藤先生、本当に彼らの指導とサポートにはもう頭があがりません。

「痛みには意味があり、起こってしまった現象の元を考えること」

とてもシンプルでためになる言葉です。

痛みって実際には、結果であって、その元凶はもっと別のところにある、ということが結構あります。例えば、腰痛。これはほとんどお腹の筋肉が固まってなってしまうもの、といつもお世話になっている先生方はおっしゃいます。
足の付け根も痛いところではなく、その逆側の筋肉をほぐすと痛みがすっと消える、という経験が何度もこれまでにありました。怪我に悩むダンサーやパフォーマーは世の中にたくさんいると思うのですが、怪我と付き合いながら継続していくことを考えた場合、痛みへのアプローチは一つではない、ということは大事な発想だと思います。

消えない痛みはあきらめる。問題は身体が「怖い」と思うこと。
「また外れる、怖い!」と思うと身体は委縮して、余計な力もはいり、二次災害が起こる可能性もあり、できる動きもできなくなる・・・怖いと思うのは、身体の動きの支点がズレているからだ。支点を整えれば、できるようになる動きはあります。

こんな説明を受けながら、自分が怖いと思わない動作の支点、感覚を探しました。
そのためには・・・

無意識に落ちる重心を意識して上げることで、患部に負担をかけず腕を動かす。
足の踏み位置をできるだけ花緒の位置に置き、ここを戻ってくる場所だと身体に認識させることで、無理な運動が生じないようにする。
胸部と腕の動きをできるだけ同じ方向に連動させる。

書いてみるとシンプルですが、動きながらのコントロールはなかなか難しい。
でも肩が外れたのは、胴体の動きが鈍かったから。手足の動きの速度に胴体がついて行けなかったからなのは明らかで、胴体の動きが鈍いのは、動きの支点が落ちてきているからだ、と改めて認識ができました。

これはちょうど、プンチャック・シラットの武術で、63才になる先生の所作の速度に大変驚くことが多いのですが、先生がよく言う「胴体を一緒にほうりなげて次の攻撃に向かう」という言葉とも少し重なりました。プンチャック・シラットについては、また改めて次回に続きを書こうと思います・・・。

さてさて、無事公演が終了し、4月頭・・・Japan Dance Forum 賞をいただきました。
賞をいただくことは皆さんに御礼をお伝えする機会をいただくことだと改めて感謝の気持ちを感じています。
活動を応援して下さった皆さま、本当に心から御礼申し上げたいです。
授賞式には、私が学生時代から作品をみてくださっている方々がいらっしゃり、長いスパンで活動を見守っていただけていることに、心温まりました。本当にありがとうございます。

IMG_3720.JPG
授賞式の様子がこちらからご覧いただけます。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.623962654296300.1073741825.200085043350732&type=1

最後に・・・まさに春の一段落!三軒茶屋の「さんじゅうまる」で魚祭り!とってもおいしかったからまたいきたい!
IMG_3824.JPGIMG_3817.JPG
お店リンク
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13027090/
posted by office A/LB at 01:30| 創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

森永泰弘氏 インドネシア滞在日記 01(1/3)

グンドノのピロー・ガムラン

自分で考え、自分なりの音を録音する。


  3月はインドネシアにいたので、そのレポート。今回はジャカルタに一週間程滞在し、南イタリアで行っているフィールド・ワークの途中成果を披露した。この仕事は、2010年よりカンパニア州イルピニア地方でフィールド・レコーディングをしてきたものをまとめている最中のもので未だ進行中のプロジェクトである。これは音響のみで映像のない映画を制作するというもので、今回はワーク・イン・プログレスで途中段階を発表するというものであった。完全に暗転した会場で聴こえてくる環境音や動物の声は、鋭い音像効果があったこともプラスになりナラティブに構成したこともあり、インドネシアの人達にも作品の趣旨がわりと理解できたようだ。私の作品はライブハウスやフェスティバルでの発表よりも映画館や劇場の方が十分に威力を発揮できる。時間に固定された音をストーリーとして伝えるためには、ライブするというよりも、上映する、あるいはサウンド・プロジェクションという言い方がしっくりくることを再確認した。

 ジャカルタに滞在後、ジョグジャカルタへ移動し、インドネシア国内で大活躍している映画監督のイファ&ディニと有意義な時間を過ごした。その後、ソロに移動してスラマット・グンドノと野外でレコーディングを数回行った。彼の即興演奏、小規模編成のユニークなガムラン(座布団にGenderを載せたグンドノのオリジナル楽器ピロー・ガムラン→写真を参照)、7人の合唱などをマイクロフォン2本しかない制限の中でどのようにして録音するか頭を抱えた。

pillow gamelan.jpg
(グンドノのオリジナル楽器ピロー・ガムラン)

gundono orchestra.jpg
(gundono orchestra)

特にグンドノは身体が大きいのであまり動くことができない。しかし歌っているときには首から上を左右に激しく振りながら歌う。だからマイクを固定したところで何も意味がないのである。

gundono1.jpg
(gundono)

そして今回は屋外でのレコーディングなのでアザーンや隣家からもれるTVの音、虫の鳴き声、バイクの走行音などどこからともなく継続して聴こえてしまう。本来、映画や音楽録音の世界ならばこういう音は騒音として排除されるわけだが、私はこういった環境そのものが、録音している時の「生の音」であると思っているので、グンドノの歌、演奏、環境音、人的機械音など全てを平等に聴こえても良いのではないかという問題意識で録音した。

gundono.jpg
(gundono)

本来、録音とは「こうしなくてはいけない」という規則は何処にもないはずなのである。空間から聴こえてくる音をマイクロフォンがどのポジションから指向され時間を採取してゆくかは録音家の考えにゆだねられるべきだと思っている。自分で考え、自分なりの音を録音する、そういう考えが今のレコーディングメソッドにはあまりないと思う。だからグンドノのレコーディングでは思いっきり自分が良いと思ったように録音させてもらった。 調律の外れたガムランや屋外ならではの予期せぬハプニング、咳なんかが彼の即興演奏の即物的ダイナミズムに拍車をかけ、スタジオで録音する以上にスリリングな録音ができたと思っている。野外の時空間をマイクロフォン2本という限られた装置で録音する面白さ、サラウンドサウンドでは体験できない奥行き感を記録することができたと思っている。今年こそは彼の音楽をプロデュースできるだろう。

 このレコーディングを影で支えてくれたのが、グンドノのマネージャーであるホンゴ。彼にはスケジュールやロケーションの手配、アコモデーションなど、本当にお世話になった。ありがとう。

posted by office A/LB at 10:48| 創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

To Belong オーデション、全2日間終了

6月22日。スタジオアーキタンツにて、先週15日に引き続き、レギュラーのオープンクラスを兼ねた To Belong オーデションの第2回目が開催されました。
前回よりも多くの40名を超えるのダンサーの方々が参加してくださり、02スタジオから途中01スタジオへの移動もありました。

この日は始めに少しだけ呼吸法の練習や、体の軸を身体の中心に集めたり、集めたものを解放したりする運動をしてウォーミングアップし、すぐに北村振付けのコンビネーションに入りました。
コンビネーションでは今回も今津雅晴さんがアシストに入ってくださいました。
 
この日北村からは、振り付けの中の、目の前の空間を両腕でガバッと素早く掴むような動きや、一度集めたエネルギーを外へ投げ出すようなイメージの動き、体を一歩前へ出すときに一度グッと空中を蹴る動き、などするにあたり、自分の周りに何人かの人がいるようなイメージで「相手の領域を浸蝕する」、自分の内ばかりに向かうのではなく、扱う空間やその大きさをイメージして「対象物を外側におく」といった指導が入りました。

オーディションの最後には、この日に行ったコンビネーションの中から得意だった動きなど自由に使って、それぞれのダンサーの方々に自分のアピールポイントを見せられるようなインプロビゼーションを考えていただきました。創作時間は5分間。ご参加いただいた全ての方に1分半踊っていただきました。

個性的なダンサーの方々がたくさん集まってくださった、素晴らしい時間でした。
2日間に渡るオーデションに参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

IMG_1025.JPG
posted by asuka tsukiji at 01:09| 創作過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。